Warning: file(http://a8.nu/sys/link/562): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/m050c006/public_html/4pharmacy.net/index.html on line 28

太陽光発電の徹底分析!

これからは太陽光発電だ!

3.11。東北の大震災と原発事故を経て、我々日本人は大きな問題に直面しています。それは、未来のエネルギー源をどうするか?という問題です。

 

原子力災害は、我々、特に被災地にいる方々に大きな不安を与えました。実際に、被災者の子供さんたちから、基準値以上の放射線が検出されたりもしているようです。

 

そして、原子力災害の本当のおそろしさは、むこう数十年にわたる被害の拡大が、現時点では予測不可能なところです。我々がわかっているのは、反永続的に放射能を出し続ける物質が日本中にばらまかれたということだけです。

 

では、このような危険性をはらむ原子力発電をつかわないためにはどうしたらよいのでしょうか。これが、我々が直面している問題です。

 

原子力発電以外の方法で、かつ環境に影響を与えない発電として注目されているのが、クリーンエネルギーとよばれる発電です。クリーンエネルギーは、太陽光、水力、風力、地熱、波力などの自然エネルギーを動力として発電を行うものです。

 

本ブログでは、特に太陽光発電に焦点をしぼりつつ、様々な観点からお話をさせていただきたいと思います。太陽光発電は、クリーンエネルギーの代表格で、近年、研究者たちの日々の努力の成果もあがり、その発電効率、価格が実用レベルに達しています。

 

太陽光発電を語る上で、同時に、原子力発電のメリットも合わせて紹介していきます。既存の発電と比較をおこなうことで、よりよく太陽光発電のことも理解できるからです。

 

 

太陽光発電は我々の未来を決める重要なエネルギーの話題です。どうぞ最後までおつきあいください。

なんで太陽で発電できるの? 太陽光はすごい

それではまず、太陽光発電について基本的な事柄からお話ししていきたいと思います。

 

そもそも、なぜ太陽光で発電できるのでしょうか。太陽光に限らず、すべての光はエネルギーの固まりです。そのエネルギーの固まりが、ものすごい速度で飛んでくるのが光です。

 

懐中電灯から発せられる光が1だとすると、太陽か飛んできて、地球に到達する光(太陽光)は、めちゃくちゃ巨大です。太陽光は地球を暖める役割を持っています。地球の天候は、太陽光のエネルギーを元にしているところもあります。

 

太陽から我々の住む地球のすべての地表に届く一時間あたりの太陽エネルギーは、1990年代の全世界の消費エネルギー量1年分だと言われています。しかし、実際には、これらは海に吸収されたり、宇宙に反射されたりなどして、70%くらいは吸収不可能です。

 

では、この太陽エネルギーをどうやって電力にかえているのでしょうか。それは、光電効果とよばれる半導体の特性を利用します。

 

光電効果とは、物質が光を吸収した際に、物質内部の電子が刺激されて飛び上がってしまったり、また物質から飛び出てしまう現象をさします。難しいことは置いときますが、電子が飛び上がると、より高いエネルギー状態になります。

 

電子は高いところから小さいところに移動する性質があるため、光によって飛び上がった電子は低いところにながれ、これが電流を生む訳です。ちなみに、飛び出した電子のほうは外部光電効果といわれ、光を検出する光センサーなどに応用されています。

太陽光一括見積もりサイト

 

太陽光発電ナビ | 太陽光発電システム一括見積り

太陽光発電一括見積り最安値を見つけませんか?

 

太陽光発電システム販売業者より最大5社の見積もりを一括でお届けいたします。
簡単手続きでわずか1分でお見積もりが依頼できます。

 

 

無料見積もりはこちらから

見積費用 対応エリア 評価
無料 全国 太陽光発電の徹底分析!